タカギ初の洗面用水栓「キレイスト」【WU100MN】を使ってみました!

使ってみました!////

2020年12月1日に発売になったタカギ初の洗面用水栓「キレイスト(WU100MN)」を使ってみました。

ナノサイズの気泡ウルトラファインバブルを含んだミストとストレートシャワーを組み合わせたタカギの独⾃技術「サイクロンバブルミストシャワー」により、洗浄⼒約 3.5 倍を実現した洗⾯⽔栓で

「with コロナ時代の⼿洗いをミストの⼒でよりパワフルでキレイに︕」

という水栓です。

サイクロンバブルミストシャワー水形で洗浄力約3.5倍

⽔流1mlあたり約2,200万個のウルトラファインバブルを含んだサイクロンバブルミストシャワー水形がきれいに汚れを洗い流す。これが新しい生活習慣「手洗い」のためのタカギが提案する新しいミスト×シャワーの形です。

取り付けられる洗面蛇口のタイプは?

台上のワンホールタイプ水栓・コンビネーションシャワー水栓(平面)タイプからの交換が可能です。
キレイスト特設サイトにて「取付診断(設置可否の確認)」ページがありますので、詳しくは↓よりご確認下さい。

コンビネーションシャワー水栓(平面)より交換してみました

一般的なシャワー水栓からキレイストに交換してみました。
既設が2穴なので左側を蓋で塞ぎます。

水栓交換前
水栓交換前
水栓交換前
水栓交換前
既設水栓撤去後
既設水栓撤去後
キレイスト設置後
キレイスト設置後
キレイスト設置後
キレイスト設置後
キレイスト設置後
シャワーホースも延びます
キレイスト設置後
左右への首振りもできます

設置してみた感想

設置してみた感想ですが、通常の洗面シャワー水栓の交換と同じ手順で交換できました。
WU100MNを設置してみて「なんで洗面シャワー水栓って2穴仕様なんだろう?」って疑問が湧いてきました。
キッチンシャワー水栓のように1穴で首振り&シャワーホース格納ができているので、洗面用水栓も1穴で設置できればスッキリしますね♪

サイクロンバブルミストシャワー水形を使ってみて

洗面用シャワー水栓っぽくない(キッチンシャワー水栓みたい?)高級感のある質感で、出水してみるとシャワーがすごくソフトな感触なのに驚きました!!

実際に出水している様子を動画に撮影しましたのでご覧になってみて下さい。

キレイストに交換するにはいくら掛かるの?

1.設置可否の確認

まずは、キレイスト特設サイト「取付診断(設置可否の確認)」ページにて、お宅の洗面台に設置可能かどうかをご確認下さい。

【ご注意下さい!!】
止水栓(ボウルに水をためるための栓)のタイプをよくご確認下さい。
止水栓のゴム栓が洗面台本体に接続しているタイプ及び、止水栓レバーが水栓と独立しているタイプはキレイストへ交換可能です。

2.タイプ別の交換工事費

キレイスト(WU100MN)の本体価格は定価32,780円(税抜29,800円)となっております。
表示価格は標準交換工事費込み価格です。

ワンホール(台上)の場合

標準交換工事費※1込みで
35,530円(税別32,300円)

※1 既設水栓撤去処分・キレイスト本体設置・給水給湯接続(延長無し)

2穴タイプシャワー水栓(平面)の場合

標準交換工事費※2込みで
36,630円(税別33,300円)

※2 既設水栓撤去処分・キレイスト本体設置・給水給湯接続(延長無し)・穴塞ぎ(材料含む)

Prifile

(有)小嶋ライフ

2003年よりHTML&CSSで(有)小嶋ライフWebサイトの製作を始める。 2011年にWordpressでWebサイト製作&管理を開始。またこの年に「Twitter」も運用開始。 現在各SNSでも情報発信中です!
2020年5月よりWordpressテーマを「Nishiki Pro」に更新しました。